お知らせ

北アフリカ チュニジア専門店 (株)DYC インターナショナル、

現地法人では絶賛コーディネートを承り中です !

取材・撮影、視察ほか こちらへ=>info@daryasmine.jp  +216-20739797 道上

個人の方へも、地中海、ベルベルの村、北部の農家などのホームステイほか・・・おもしろ手配例 =>

 

引き続きストーリー満載のブログ もお楽しみくださいませ!

つぶやいています=> 

ほぼ毎日更新しております、現地と日本の情報 FACEBOOK=>

● イベント出展のときでも遠方からのお客様はメール、お電話をいただければ対応させていただくことができます。

過去のイベント=>★

● ギャラリー部のイベント情報はこちら

ダールヤスミンのブログ
7月4日
  日本に戻るために長期戦3週間用意をしています。輸出貨物の各村、各町からの引き上げとパッキングがメインですが暑い。 今日は39度でした。おとついは40度。  最近の面白い話。 3日前DOUZから革細工が一式届きました、実際には工房の責任者の日本人女性Yさんがルアージュでもってきてくれました。朝四時におきて夫はルアージュステーションまで行き、ピックアップ。 朝ごはん、昼ごはんをご一緒しな...
6月25日
その!:陶器編のあと、コロナウィルス感染の世界的状況に飲み込まれ、まさかの事態に・・・この経済的打撃は計り知れず。民芸の職人さんたちが案じられます。 陶器と同じく、ナブールはい草の織物でも有名。元々はモスクでの礼拝に使うゴザを作っていたのをバッグなどに転用したり、形を変えて発展してきました。 女性しか織らないキリムとは逆で、い草は男性の仕事。キリムは各家庭での内需ですが、い草製品はモ...
6月19日
 ヨーロッパの真ん前にある、この小国、そして多言語国家のチュニジアは「コールセンター」大国といわれています。  ヨーロッパのリサーチ会社、マーケティング会社なんでもこちらからヨーロッパじゅうに電話してして、しまくっているようです。その点において雇用拡大、特に女性の雇用を提供しててすばらしいと思います。在庫もいらない。デスクにすわって話すだけ。安い+比較的簡単に言語能力の高い人材が得られます...